明日はコレです!!【Dachambo × Gravityfree】

Freaks56 1

【Dachambo】

http://dachambo.com/

【gravity free】

http://gravityfree.jp/

2012・12・7(金曜日)
OPEN/START 20:30
前売り2500円(1D付き)
当日 3000円(1D付き)

DJ
N.O.S.K
SHINGO TAMAGOSHI (circus)

場所 SOUND SPACE RIZIN
香川県高松市大工町7-1B1F

http://homepage2.nifty.com/newpunchhall/
メール予約
baptize.freaks0406@gamail.

カタカナ表記でフルネーム&人数をお知らせ下さい。
キャッシャーにて前売り扱いで入場できます。

インフォメーション
http://www.baptize-freaks.com/

http://www.facebook.com/events/289023874550330/
言わずと知れた既にお馴染み?
高松今回で何回目?な【Dachambo】年に1回は観ておこうよ!

知ってる方も知らない方もお祭りです!
Freaks的、大忘年会 !!!

更に【Gravityfree】も高松初上陸です☆
何度も見ましたがホンマすごいっ!
これは是非見ていただきたい!

お時間合う方、是非っ!

570328c1e7958ab6c6a30689e919e69e2

【Dachambo】

日本が宇宙に誇るサイケデリックJAM BAND、もしくは快楽探求楽団。ツインドラムにディジュリドゥー、極太ベース、爆音ギター、そしてデジタル音からなる、ジャム、トランス、ラテン、ファンク、サイケ、オーガニック、民族音楽といったジャンルの枠をひょいひょいと変幻自在に飛び越えるPEACE&SMILEに溢れた
彼らのライブは、自分達とその場に息づく空気、居合わせたお客さんとのバイブレーションの交換から生まれ、常に変化しつづける形容のしがたい、することの出来ない音を産み続けてゆく。

それは「人が踊る」ことへの初期衝動を覚醒させる中毒性をもったサウンドであり、現世と彼岸の境界線を遥かに越えてビヨンド・ビリーヴな踊りのサークルから生まれるカオスでもある。

そんなDACHAMBOの世界観にグイっと惹き付けられた老若男女によって、草の根的に”DACHAMBO村”日々拡大中。

Gravity Freeデザインのド派手なバイオディーゼルBUSに乗り全国のフェスやパーティに駆けつけてはシーンを騒がし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『朝霧JAM』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』『SunSet Live』等の国内主要ビッグ・フェスを総ナメに。

ついにはフェス番長(YAHOO認定)の称号までいただき、パーティーシーン・JAMBANDシーンに無くてはならない存在として活動を続けている。

結成10周年をむかえた2011年には、毎年恒例となっている自主運営の野外フェスHERBESTAを1万人規模の無料フェスとして拡大開催。WOOD STOCKの再来かもと言わせる治外法権な天国を地上に現出させる。
ルールの無い、参加するものの愛とモラルに頼った独自の運営方法も高く評価され、主旨に賛同して集まってくれた多くのアーティストの協力もあり、大成功を収めた。

20110915_2343367

【Gravityfree】
djow(デジョー)と8g(エイジ)によるペインティングユニット。

“生きているPaintingこそがLIVEである。LIVE自体が作品である”
このコンセプトに基づき、現場の空気感や音の流れを汲み、絵は絶え間なく変化を遂げる。

年間80本ものgigをこなし”LIVE”という概念の中で、音楽と共にGravityfreeのライブペイントは成長を遂げて来た。音響的なペイントのグルーブ感は、共演したアーティストや多くのオーディエンスの支持を受けて、FUJI ROCKを始めとする日本の野外フェスティバルや音楽イベントでは欠かせない存在となっている。様々なアートワークを手がける傍ら、Bandの様なフットワークで国内外ライブペイントツアーを行っている。

2008年、サンフランシスコのArt show”SIR”でのLive paintingや、ポートランドのSTANDフェスティバルに出演、アーティストホテルとして名高いACE HOTELの一室に壁画を残す。

2009年にはモンタナ州、ミズーラ市のローカルフェスティバルにてパフォーマンスを行い、ローカル各地で行ったShowでも大絶賛の評価を得る。

2010年、サンフランシスコはマーケットストリート沿いに壁画を制作。
カルフォルニア、オレゴンをバイオディーゼルとベジオイルを使って北上するツアー、ELEMENTS TOURに参加、5都市にてLive paintingを披露する。ワークショップやアートを中心としたキャンプイベント”ARThcamp”を静岡県富士宮市にて企画開催。

2011年、テネシー州、アメリカ最大のミュージック&アートフェス”bonnaroo”でLive paintingを披露。Live paint カルチャーと愛を全宇宙へと伝えるべく、Gravityfreeの壮大なペイントの旅は続く。

Category: お遊びのコト音楽のコト

TETSUYA TADA

Article by: TETSUYA TADA

株式会社KOKOMO 代表取締役&ヘアデザイナー   『KOKOMO TOKYO』 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-3 SP15 EBISU 401 TEL & FAX:03-3280-7121   『KOKOMO』 〒760-0028 香川県高松市鍛冶屋町7-3 KOKOMOビル TEL:087-826-2007   『r.e.』 〒760-0052 香川県高松市瓦町1-11-23 TEL:087-813-1617   BAR『defi』 〒760-0052 香川県高松市瓦町1-11-11 渡辺ビル2F TEL:087-813-3433   BOCOCA 〒760-0028 香川県高松市鍛冶屋町7-3 KOKOMOビル TEL:087-873-2363